私にとってのコルクタイル/コラム11


吉田正人(よしだまさと)

1948年 岩手県生まれ
1971年 日本大学理工学部建築学科卒業
1978年 東京大学大学院修士課程修了
1989年 (株)アーディッグ建築計画設立



住宅の設計に関わる楽しみは、
集合住宅のそれと違って、
住まわれる方の顔が視える事です。
そして数を重ねる打ち合わせの中で、
その家族のライフスタイルを感じとり、
像すがたを把えることが具体的な設計への手掛かりとなり、
住まわれる人にとっての特殊解となっていくことだと思います。

ここに紹介した住宅は、
奥様が御姉妹の二世帯住宅で、御姉様夫婦の住まいの一部です。
障害を持つ娘さんの成長に伴い、
将来を考えての異色の二世帯住宅となりました。
お互いに確立されたライフスタイルを持った家族の協同住宅です。
都心での広いとは言えない敷地に2つの家族が住むことは、
当然各々の生活領域の限界があります。
お互いの生活を認め合い、領域を共有した住まいは、
新たなライフスタイルの確立へと向かうことと思います。
共有された空間に広がりを持たせたいと考え、
構成される建築要素である床、壁、天井の仕上げ材料は
一種類の材料に限定しました。
各々の選定に当たっては
天然素材、ぬくもりのある仕上げを基準にし、
特に床は耐久性、安全性、メンテナンス等の
機能的要素を加えたコルクタイルに決定し、
結果として暖かみのある空間を得たと確信しています。



小館邸(東京都北区)
  設計:アーディッグ建築計画
床 :ロビンソンコルクタイルGO-MA5Y(床暖房上に施工)




写真をクリックするとより鮮明な画像を見ることができます
<表示までに多少時間がかかります>





※お問い合わせ/資料請求では、住所、氏名、電話番号、職業と
A.「ロビンソンコルク」、B.「着生蘭用コルク」のいずれかを必ず明記してください。