「第12回コルクに着けた蘭の実例の巻」
(その7)




(22)カトレヤ ワルケリアナ セミアルバ プアナニ
Cattleya walkeriana semi alba 'puanani' AM/AOS


株情報;
○原産地ブラジル原種メリクロン株○草丈 18cm
○開花期晩秋○花命4週間
○香り良い香り○草容姿良い
○耐寒暑性15℃○休眠する
○値段10.000円
○特徴匍匐性が強い。株が十分育つと葉の着かないバルブが出て花を咲かせる。



 平成八年三月入手。 ワルケリアナは一般に匍匐性が強いが、この株は特にバルブ間が隔れて生長するので、丈の長い銘木に植え着けた。 次々にバルブが増えるので、植え着けたまま三番目と四番目のバルブを切り隔したところ三番目のバルブからも子供が出た。 その子供から今年は花芽が出なかったが来年は上下二ケ所で花が咲くものと期待している。 (なお、この株はメリクロンで増やしたものであるが原種で株分けしていた頃は100.000円以上していたはず)


写真をクリックすると
より鮮明な画像がご覧頂けます。





 「矢下廣男の蘭華道入門」     次ページへ